外壁塗装の適正価格とは?

住宅外壁改修工事の足場写真

自宅の外壁塗装をする際には、外壁塗装業者に見積りを依頼する前にしておきたいことがあります。

外壁塗装の見積りはバラバラ

外壁塗装の見積もりを取ったことのある人なら分かるものですが、その価格は各社により大きく異なります。

最近ではインターネットなどで簡単に見積りが取れるため、様々な会社から見積りを取った場合にはその価格差に驚くことも少なくありません

一般的には最も安い業者に依頼したくなるものですが、外壁塗装の場合はその前に考えなければならないことが有ります。

それは外壁塗装の見積り価格が適正価格なのかどうか?ということです。

 

外壁塗装見積りが安すぎると

業者の中には価格を安くするために原価を削るところも少なくありません。

これが外壁塗装の品質に影響しない物であれば良いのですが、中には手抜き工事と思われるほどに工程を省略し、工事費を削って価格を下げてしまうことも少なくありません。

その為、適正価格を知っておくことがとても重要になるのです。

外壁塗装の価格は基本的に

  • 塗料の材料価格
  • 足場組みや実塗装の工事費
  • 外壁塗装全体の工事管理費

などにより決まります。

 

塗料の材料価格、目安は

塗料の価格は品質が良いものほど高額になるため、自分の希望の塗料がどの位の価格で販売されているのかを知ることが大切です。

基本的には外壁塗装に使用する塗料にはフッ素系塗料、シリコン系塗料、ウレタン系塗料が有り、順に価格と耐用年数が低くなっています。

業者の中にはメーカー独自の製品を使用する事も多く、この場合は一般の市販価格が分かりにくい物ですが、その場合にはその塗料がどの分類に属するのかを知ることで概ねの価格が分かります。

 

足場組みや実塗装の工事費、目安は?

足場組みや実塗装の工事費は、基本的には工事日程を見れば分かるものです。

工事費は人工(にんく)と呼ばれる作業員の作業時間数で計算されるものなので、

その工事が何人で何日かかるのか

を確認すれば費用が割り出せます。

一般的に外壁塗装はきちんと行うと

  • 養生などの準備で一日
  • 足場設営で一日
  • 塗装前の洗浄と外壁修復で二日

と掛かり、標準的な塗装と後始末を含めると実働二週間は掛かります。

その作業時間と人工を考えると、概算費用は計算できるのです。

 

外壁塗装全体の工事管理費、目安は?

さらに大手メーカーの場合には、取りまとめ費用と言われる工程管理費や、書類の作成費が上乗せされます。

その為、大手メーカーに依頼するほど価格は高くなる傾向にあります。

但し、大手メーカーの場合は補償等がしっかりしているので、この効果も考慮することが大切です。

このように考えた場合には、概ね外壁塗装の標準価格が想定できるものです。

塗料が大幅に値引きされている場合には、塗料自身が粗悪な塗料を使用している恐れがありますし、工事費が大幅に値引きされている場合には工事が簡略化されている恐れがあります。

適正価格を知ることは、悪徳業者に騙されないという意味も有るのです。

コメントを残す