外壁塗装の種類と耐久性

塗料の種類と耐久性
塗料の種類と耐久性

工事費と塗料

外壁塗装を行う際には出来るだけ長持ちさせたいと考えますが、その反面予算も非常に気になります。

その為、出来るだけ安い価格で、長持ちする塗装を行いたいと希望するあまり、悪徳業者に騙され、結果的に高い買い物となってしまうことがあります。

工事費の算出

工事費は素人で有る一般の人にはなかなかその良し悪しや妥当性が分かりにくい物です。

工事費はあくまで作業する人の時間のかけ方に依存する部分が有り、極端に違う場合には手抜き工事の疑いが有ります。

一方、長持ちに貢献するもう一つの要素として塗料の種類が有ります。

塗料の種類は耐久性に大きく影響し、またその種類によって概ねの価格も決まってくることから、どの塗料を使用するのかによりその工事費用が決まる大きな要素となります。

塗料を見分ける-シリコン系

外壁塗装に使用される塗料にはいくつかの種類が有りますが、良く使用されるのはシリコン系と言われるものです。

この塗料の大きなメリットは価格が手ごろなことと、様々なところに使用出来る柔軟性があり耐用年数も比較的長いことです。

一般的には10年から15年は耐えると言われており、一般の住宅には最適な塗料と言えます。

塗料を見分ける-フッ素系

最近ではフッ素系塗料も使われることが多くなっています。

シリコン系よりも塗装膜が強固で耐用年数が15年から20年と長いため、従来はビルに使用されることが多かったものです。

最近では一般住宅にも使用されるようになり、耐久性を高めたい場合には利用される塗料です。

塗料を見分ける-アクリル系

アクリル系の塗料もよく使用されますが、アクリルは耐用年数が5年から8年と短く、外壁に使用した場合には頻繁に塗り換えることになります。

但し塗料が塗りやすく経済的なことから、良く塗りかえ、場所や天候の影響をあまり受けない部分などに使用されています。

事前に使用する塗料を確認

外壁塗装を行う際には極端に価格が安い業者は注意が必要です。

工事内容を省いたり、安い材料を使用して利益を上げようとする悪質業者もいるため、見積もり内容をしっかりとチェックし不明点は確認することが大切です。

又、見積書に塗料の種類が記載されていない場合には名称を確認し、どの分類に入ることを聞くことで耐用年数との違いを確認する事が可能となります。

また価格相場も簡単に分かるため、その価格相場と実際の塗料代が大きく異なる場合には見積もり内容をごまかしている可能性も高く、注意が必要です。

コメントを残す